音声コンサルティング-御社の製品が音声で操作できるために

 

フォーブス誌やCESなどでは、2017年が音声の年になると推測されています。 音声関連の技術は最近、消費者に向けてキーとなる技術になってきました。それは、音声は機械とのインタラクションを変えるからでしょう。 ウェブサイト、 自動車、スマートフォン、データベース、工場の機械、家庭電気製品などに人が、「声をかけたり、返事を聞いたり」できるのが音声の魅力です。シリコンバ レーの大手企業も最近、音声アシスタント、音声マシン、音声オープンプラットフォームをリリースしつつあります。 御社でも音声を組込むのはいかがでしょうか? 弊社に音声の導入を提案させてください。 音声が専門のみならず趣味でもある弊社の専門家は主な音声プラットフォームをすべて使い、音声ソリューションを手掛けた経験があります。弊社の専門家が開 発したソリューションは現在、日本製の自動車のドライバ、韓国製のスマートフォーンのユーザ、地下鉄の利用者、世界のさまざまなアプリのユーザなどに音声 でのやり取りを提供しています。 音声が御社でも製品の新しい特徴になるように、すべてのステップを弊社エキスパートに任せてください。

コンサルティング・サービスの内容

音声によるインターフェイスを提供すると、製品自体が大きく変わってきます。音声の利点はたくさんありますが、設計をきちんとしないと、マイナスになるリスクもあります。ハードウェア、ソフトウェア、ユーザエクスペリエンスの面で音声を総合的に考える必要があります。
  • ユーザビリティ: 音声機能を御社の製品に追加するそのリスクと利点をユーザ満足度、パフォーマンスの変化、リソースのコストとゲイン、競合相手などの面から評価します。さらに、御社のニーズに合わせて、最適な音声ベンダ、音声プラットフォームを勧めます。
  • 設計: 現在のインターフェイスに追加するか、代わりに提供するか、どういう仕様をどういうプロセスで提供するか、御社のUIデザイナおよびエンジニアと一緒に、御社の音声インターフェイスのデザインを深く考えます。
  • カスタマイゼーション/音声モジュール作成と組み込み: 主なメーカのすべての音声プラットフォーム、SDKを対象に音声の仕様と予算に合わせて、実際的な音声モジュールを作成し、御社の現在のエコシステムに円滑に組込みます。ライセンスやコピーライトなどのサポートも提供します。
  • 評価・ベンチマーク: 音声ベンダのセールススライドだけに頼らないでください。われわれは業界や製品別に最新の方法やマトリックスを使用し、競争するベンダの音声ソリューションの尤度を客観的に評価いたします。

最適な音声ベンダを選択するために

音声ベンダは最近増えてきましたが、一番最適なのを選択するのは金銭的な問題だけではありません。どちらかというと、それぞれの哲学も選択しなければなり ません。会社によって、ビジネスモデルも異なりますので、ハードウエアやソフトウェアの仕様、音声ソリューションの作成の方法も異なります。もちろん、す べての会社は自らのアプローチが一番最適だと説明します。 次のようなご質問・悩みを解決し、ベストな音声プラットフォームを一緒に探しましょう。
  • グーグル社のクラウド音声APIで十分ですか?
  • 当社のユーザはにぎやかな喫茶店にいるか、運転中ですが、どれくらい騒音のことを気にしなければなりませんか?
  • アマゾン社のエコーで音声スキルを作るなら、何がうれしいですか?何を注意したほうがいいですか?
  • ソフトバンク社のPepperに音声コミュニケーションを任せればよいでしょうか?
  • アップル社のSiriを当社のアプリにも組込めますか?
  • 当社はCPUのスペックがかなり限界がありますが、小規模の音声ソリューションを組込めますか?
  • 音声認識は、必ずインターネットに接続しないといけませんか?
  • 当社のサーバのDBおよびコンテンツに音声でアクセスしたいです

カスタマイゼーション/音声モジュールの作成と組込み

音声ソリューションは”そのまま”製品に組込める、単にマイクをつけてAPIを導入すれば十分といった、そういう期待感がよくありますが、いろいろな導入 ケースで音声インターフェイスがうまく動かないこと、また欠けた製品にしか見えないことは、その間違った考え方から発生します。 御社での音声インターフェイスのユーザエクスペリエンスおよびユーザビリティはこの音声インターフェイスがどれほど丁寧にカスタマイズされているかによっ て大きく変わります。製品ごとにユーザが言える発話や単語、機械が対話でユーザの意図を理解するフローは異なります。製品の仕様にあわせた言語データを集 め、実装することがカスタマイゼーションの主なポイントです。さらに、音声プラットフォームごとに、言語データの実装・提供のプロセスも大きく変わりま す。 残念なことに、カスタマイゼーションの段階になると、音声ベンダはまったくサポートしないか、サポートが非常に高くなることが多いです。 弊社のエキスパートはそれぞれの音声プラットフォーム上で音声ソリューションをたくさんの業界で作成・提供した経験があります。設計から納品までエキス パートが協力し、実際に音声が御社の製品で動くことを保証しています。 たとえば、弊社のエキスパートは下記の音声プラットフォームでのカスタマイゼーションを提供します:
  • Alexa/エコーのスキル作成
  • iOSデバイス上のアプリでSiriの音声オプションを導入
  • PepperのNaoQiで音声対話の設計
  • クラウドの音声APIを使って、御社サーバで効率高い対話フレームワークを作成
  • Nuance社の音声SDK上で音声ソリューションを設計、作成
Druckversion Druckversion | Sitemap
Diese Homepage wurde mit dem Homepage-Baukasten erstellt.